BLOG

CATEGORY : DAILY

初春のお慶びを申し上げます。

January 01, 2012

 初春のお慶びを申し上げます。
 2011年。「絆」という言葉が誰にとっても、大切に感じられた一年でした。前へ前へ、上へ上へと進むこと、成長することを、ひたすら求めて生きてきた私たち。はたと、まわりを見ることに、共にいることに、気づかされた年でもありました。 
 年が明けて、今、「育む」という言葉が、気になります。温かく見守り、慈しみ育てる心。絆はもちろんのこと、お互いを大切に思い、ただ高みを目指すだけでなく、ゆっくりと今を大切にしつつ、物事を深めていくこと。より良く、大らかに成長する時のために、焦らず、丁寧に毎日を過ごしたいと思います。
 今のこの冬の寒い時期にも、ゆっくりと次の季節が近づいて来ています。この新しい一年が皆様にとって、素晴らしい年となりますように!心からお祈りしております。
今井訓子

Icicle  つ・ら・ら
冷たく澄みきった空
際立つ山の稜線
フワッと舞い上がる雪
ダイヤモンドダスト
真冬の朝、張り出した岩
家々の軒先に下がる
キーンと凍てる冬のかたち
キラキラと光を反射する透明な輝きは、
みず温むころ
一粒の春となって伝い落ちる
まだ、目には見えなくても
いつか躍動する春の息吹
 
Icicle
Under the cold and crystal-clear sky
against distinct lines of mountains
snow flakes are softly fluttering
and diamond dust is glittering.
On a mid-winter morning
a rock is in view, jutting out from a ridge.
It’s a frosty shape of winter
hanging down under eaves.
The crystal-clear sparkles of reflecting lights will crawl down as a drop of spring,
when the river water is slightly warmed.
You may not see it yet,
but this sign of spring will be soon replaced with bursting vigor of lives.

CATEGORIES

SEARCH

ARCHIVES