BLOG

CATEGORY : ART

ニッポン画物見遊山

June 08, 2009

 京都駅の伊勢丹「えき美術館」で、山本太郎さんのニッポン画展を見てきました。
 友人が彼をよく知っていたので、絵の鑑賞はもとより山本さんにも会ってみたい気がしたので、ご本人のお話と狂言があるという日にあわせて出かけました。
 いつものことながら、仕事がスパッと終わらず大慌てで会場に着いたら、すでに狂言は始まっていて、立ち見もでるほど盛り上がっていました。観客席に幼稚園生くらいの子供たち2人が本当に楽しそうに けらけら笑いながら狂言をみていたのですが、その様子がなんだかおかしくて、ついついその子たちの反応を見るのを楽しんでしまいました。どうやら茂山ご一家のお子さんたちだったようで、気がつくと側であの茂山宗彦さんがお世話してられました。伝統芸能を守る一族らしい人のつながりを垣間見た気がして、ちょっと暖かい気持ちがしました。他にも、会場には超有名な競馬騎手ご夫妻がいらしてたり、とても華やかな感じで山本さんの楽しいトークとともに、いい時間を過ごす事ができました。
 一度見たら忘れられない「諧謔」の視点で描かれた山本太郎さんの絵。クスッと笑ったり。アレッと見直したり、肩の張らない楽しい絵です。
6月14日までです。アクセスのいい場所なので、是非いらしてください。

CATEGORIES

SEARCH

ARCHIVES