BLOG

CATEGORY : BLOG DAILY

読書の秋

September 13, 2018

大変な暑さの夏でしたが、9月に入って、やっと落ち着いてきましたね。

度々書いていますが、私は、活字中毒人間。本を読みだしたら、とまらなくなるので、読まないように気をつけている・・というこの頃なのですが、読書の秋ですので、ちょっと、お薦め本をご紹介したいと思います。

一冊目は、最近まで知らなかったイザベラ・バードの「日本奥地紀行」。有名な本だそうですね。明治初期に、東北から北海道へ旅行した、イギリス人女性の書いた紀行文です。少し前に、東北の秘湯巡りをしてきたところだったので、より興味しんしん。東京などの都会と、山深い僻地との差。今も変わらない日本人気質など。面白く読みました。

もう一冊は、がらりと変わって、トーマス・カリナンの「ビガイルド 欲望のめざめ」。こちらは、映画を見て、読んでみたくなった本です。舞台である寄宿学校での出来事を、1章ごとに、登場人物それぞれの目線から描くという本の形もユニーク。各人の思いや、判断、複雑な人間関係や心理描写が、細やかに描かれ、話が進んでいくのですが・・。

秋の夜長。素敵な本で、ゆっくりとお過ごしください。

CATEGORIES

SEARCH

ARCHIVES