BLOG

CATEGORY : KYOTO

葵祭

April 20, 2009

 先日、地元の新聞で、今年の葵祭の斎王代(さいおうだい)にお決まりになった方が紹介されていました。 毎年、この記事を見ると、京都の初夏を思います。
 5月15日に京都で行われる葵祭は、「京都の三大祭」の一つ。市内に住む未婚の女性が斎王代(葵祭りのヒロインといった感じのもの)に選ばれ、お祭りがとり行われます。斎王代にに選ばれるのは、京都のお嬢様方の中でも、選りすぐりのお嬢様。私の友人の中にも、かつて斎王代を経験した人が何人かいますが、その貴重な経験、裏話?を聞くのは、京都で育った私にとってもちょっと興味深いです。
 そして、葵祭に欠かせないアオイ。アオイは古くは「あふひ」といって、神様と「めぐりあう日」を小さな葉に祈願されたという、いわれがあるそう。ハート型のとてもかわいらしい葉です。もともと上賀茂神社や下鴨神社で自生していたようですが、今は、それだけでは数が足らず、「葵プロジェクト」と称して、全国各地で株分けして育ててもらっているそうです。その中には東京の六本木ヒルズなども入っているとか。1200年以上も続く京都のお祭りが、全国各地でこんな風につながっているなんてとても素敵ですね。
 私は、この季節、お遣い物に、このアオイの葉を形どった宝泉堂さんの「賀茂葵」というお菓子をよく利用しています。ハート型の形がとても愛らしく、控え目な甘さが“はんなり”と、とても美味しいお菓子です。ぜひ一度味わってみてください。
宝泉堂「賀茂葵」 
http://www.housendo.com/kamoaoi.html
葵祭案内HP
http://www.kyokanko.or.jp/3dai/aoi.html

CATEGORIES

SEARCH

ARCHIVES