BLOG

CATEGORY : JEWELRY

ペア・ピアス

September 03, 2009

 最近は、男性でも耳にピアス穴をあけていることが珍しいことではなくなりましたね。ファッション全般で、男性用・女性用の区別なく、自由なお洒落を楽しむ人たちが増え、街を歩いていても素敵だなぁと,と見とれてしまうようなことも多くなりました。特に最近の20歳前後の人たちのおしゃれは私にとって、とっても複雑(笑)で、つい、じろじろ見てしまうのですが、同世代の友人にその話をすると、みんな、そうそう!と、同意見で、ちょっぴりホッとしました。素敵だなと思っているのですよ!
 さて、このピアスは、片方が長くぶらさがり、そして、もう片方は耳にぴったりとつくようにデザインしています。 左右で違う形のデザインですが、それぞれお互いに組み合わさって一つの形になるので、楽しく身に着けていただけたらと思ったのですが、以前は、まだ抵抗感のある方もいらっしゃったようで、円形タイプと角型タイプ両方をお求めいただいて、それぞれ、長くぶら下がる方だけ、耳にぴったり付く方だけ、というように着けるつもりとお伺いしたこともありました。
 もちろん、基本は両耳で楽しんでいただけるようにデザインしているのですが、例えば、カップルで片方ずつ着けていただけたら素敵だな…と、ひそかに思っています。 「ペアもの」というと、カップルで使うのは少し気恥ずかしい気がしますが、これなら人にバレにくいし(笑)、自然な感じで楽しんでいただけるのではないでしょうか。
 ジュエリーを素敵なカップルがより楽しんでくださったらいいなぁという思いも込めて…。

CATEGORY : JEWELRY 誕生石

8月はペリドット

August 22, 2009

 五山の送り火が終わって一週間。京都では、「祇園祭から夏が始まり、送り火で終わる」といいます。まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、朝夕は、ちょっと過ごしやすくなってきました。
  さて、八月の誕生石はペリドットです。別名、橄欖石(かんらんせき)。難しい字ですね。橄欖とは、オリーブのことです。あまりなじみのない宝石かもしれませんが、何年か前からとても人気が出ていて、この石を使ったジュエリーを見る機会もぐっと増えました。とてもさわやかなオリーブグリーン色で、カジュアルですが気品があり、「イブニングエメラルド」と呼ばれるほど、夜暗くなってからもキラキラと光りを放ちます。夜会ほどのパーティではないけれど、ちょっとしたお出かけの多い私たち現代人に、とても使いやすい宝石ですね。 宝石言葉は、夫婦愛。一家に一点あるといいのかしら?
 ところで、ペリドットの一番の特性は、強い複屈折率。もしもこの宝石をお持ちの方がいらしたら、一度見てください。複屈折とは、入射した光が2本の光にわかれて屈折すること。 ペリドットをテーブル面から反対側を観察すると、稜線が肉眼でも二重に見えます。複屈折によって、二重にみえているわけですね。このように見えることをダブリングといいます。確認できたでしょうか? グリーンの色は鉱物学的には、鉄由来のものだそうで、どうしてグリーンになるのか・・・不思議ですね。 硬度も、6.5 ~7あり、宝石としても充分の硬さ。 どんどん楽しみたい宝石です。
 写真のリングは、数年前に、アメジストとダイヤをセットしたリングと一緒にお買い上げいただいたもの。クッションカットの石に、中央に向かって光の走るコンケイブカットが美しく、カジュアルなタイプですが、日々、宝石のカラーを楽しんでいただけたらと思いデザインしました。カラフルな石はお洋服を選ぶからと敬遠される方もいらっしゃいますが、せっかくの自然からの贈り物。 毎日の生活を、華やかに彩ってくれます。 色を楽しむ! そんな気持ちで、ぜひ、いろいろチャレンジしてみてください!

CATEGORY : JEWELRY

ファーストジュエリー

August 15, 2009

 先日、NOIX(プチダイヤモンド)シリーズのネックレスをご購入くださった若いお客様・H様から、丁寧なお手紙を頂戴しました。
 「ネックレスはこのあいだの皆既日食の日に、新しいスタートとしておろしました。私にとっては初めてのダイヤモンドだったので、忘れられない記念日になりそうです。」
 皆既日食の日に何か新しいことをはじめるとすごく良いということで、身につけたい気持ちをしばらく、ぐっと我慢して、晴れてその日からつけ始めてくださったそうです。「初めてのダイヤモンド」をそんな風に大切に思って身につけて下さる。なんだかとっても嬉しい気持ちになりました。
 「心を豊かにするジュエリー」ということを念頭において、いつもジュエリーをデザインしていますが、お客様からこういうお言葉をかけていただくと、今後もさらに素敵なジュエリーを・・・と、気持がまた引き締まります。
 このNOIXシリーズは、本当にいろいろな年代の方にご購入いただいており(20代~70代の方も)、そのこともとても嬉しく思っています。京都ホテル地下のショップ・イムラアートジェムでお取り扱いしております。どうぞお近くにお寄りの際は、ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

……….
TITLE : NOIX
ITEM : Pierced Earring / Pendant / Ring
MATERIAL:K18WG・YG Diamond
DESIGN STORY : 華奢なチェーンに3粒のダイヤがキラッと光って可憐な女性らしさを
……….
「noix」という新しいシリーズができました。
写真では少しわかりにくいですが、小さなダイヤモンドを三つならべた三角形をモチーフとしています。
とても華奢ですが、ダイヤモンドをイエローゴールドと合わせ、首もとの肌を明るく・やわらかく見せてくれます。また、洋服のコーディネイトを邪魔しないデザインですので、大人の日常使いとして身につけていただきたいシリーズです。

CATEGORY : JEWELRY

恵 kei — order jewelry

June 26, 2009

……….
TITLE : 恵 kei
ITEM : Ring
MATERIAL : K18YG Amethyst Diamond
DESIGN STORY : まっすぐな強い思い
……….

CATEGORY : JEWELRY

MIKAMINA — order jewelry

June 26, 2009

……….
TITLE : MIKAMINA
ITEM : Necklace
MATERIAL : K18YG
DESIGN STORY : シックな琥珀色のネックレスをゴールドでゴージャスに
……….

CATEGORY : JEWELRY

森 * 水 — order jewelry

June 26, 2009

……….
TITLE : 森 * 水
ITEM : Ring
MATERIAL : K18YG
DESIGN STORY : 水をテーマに温かさとちょっと不思議な香り
……….

CATEGORY : JEWELRY

ルチルクォーツのRing –original jewelry

June 24, 2009

……….
ITEM : Ring
MATERIAL:K18YG Ritilated quartz Diamond
……….
このリングは、ルチルクォーツにパヴェダイヤを沿え、地金はイエローゴールドを選びデザインしました。ルチルクォーツの「ルチル」とは、ラテン語で「黄金色に輝く」という意味を持つ「rutilus」からきています。そして、石の力としては、金=冨を連想させることから金運や財運を招くといわれています。
また、この理由に加え、肌なじみがよく、季節を問わず、フォーマル・カジュアルどちらのファッションにもあわせやすいことなどから、(それぞれの石の持つ力ももちろん大きいですが、やはり身につけるにはファッション性が気になるところですものね)、最近はとても人気があるようです。
私も、今年に入り、いくつかルチルクォーツを使ったジュエリーをデザインしています。
私の作品を取り扱いしていただいている京都ホテルオークラ地下1Fイムラ・アート・ジェムには、今は、別のデザインのルチルクォーツリングもありますので、お近くにお寄りの際、ご覧になってくだされば嬉しいです。
イムラアートジェム ホテルオークラB1F:http://www.imuraartgem.com/

CATEGORY : JEWELRY

望 Bow・Nozomi –original jewelry

June 24, 2009

……….
TITLE : 望 Bow・Nozomi
ITEM : Necklace / Pierced Earring
MATERIAL:K18YG
……….
このネックレスでは、弓なりに反ったイエローゴールドの曲面で形作られる、立体的で彫刻的な美しさを表現したいと思いました。
この作品をご覧になった方から、和を感じるという感想をいただきましたが、
ただ、ゴージャスだけでないイエローゴールドの持つ温かな質感を感じていただけたらと思います。
“望” Nozomi というタイトルは発表が七夕の時期であり、作品が短冊にも見える事から、着けて下さる方の望みが叶います様にとの思いを込めてつけました。又、音読みの“ボウ” Bow には、弓形やしなりという意味があります。
Divaから始まり、Dune、Bowとイエローゴールドを使ったネックレスのシリーズは、少しづつ新しいことにトライして進化してきました。子ども時代に、粘土や紙を前に何を作ろうかとわくわくした気持ちそのままに、楽しい気持ちで製作しています。 特に今回は、局面を立体的に組み合わせると、どうなるかしら・・、,そして身につけたら・・? そういったことを考えながら、いろいろと試作してみて、このような形になりました。

CATEGORY : JEWELRY

DuneⅢ –original jewelry

June 24, 2009

……….
TITLE : DuneⅢ
ITEM : Necklace
MATERIAL:K18YG Citrine
……….

CATEGORY : JEWELRY 誕生石

6月はパール

June 19, 2009

 6月の誕生石はパール、真珠です。光を吸い込みながら艶やかに発光するその独特の質感。肌なじみする絶妙な色のトーン、柔らかな丸みなど、どれをとっても、とても女性的で豊かな温かみのある宝石です。そして、多くの美しい宝石の中でも、カットや研磨などの加工なしで、自然な美しい輝きを放っているのは、この真珠だけ。なんだか愛おしい気がしますね。
 日本は、世界で初めてアコヤ貝をつかった真珠の養殖に成功した国。その後、南洋では黒蝶貝を使った養殖で、より大きな黒蝶真珠や、また白蝶真珠ができるようになりました。サイズの大小、真円のものからバロック、ケシ。色も、白、黒、グレー、ゴールド、いろいろな色が出ていますね。この1,2年、目を引くのはチョコレートカラー。処理された色だそうですが、以前に比べ照りのいい珠が作られるようになって、心惹かれます。
 最近では中国の淡水真珠もずいぶんと質の良いものができるようになり、これが淡水真珠?というような大きなサイズ、巻きの綺麗なものが多く出回るようになって来ました。 こちらではオレンジなどカラフルな色、四角や星型など珍しい形のものなどいろいろと作られています。
 写真のパールですが、こちらもまた淡水パール。アメリカのミシシッピー川でとれる、「天使の羽」ともよばれるフェザーパールです。大変稀少で、特にサイズが大きく綺麗な白色で、このような羽状の形になっているものは、国際的な展示会でもなかなか見かけることがありません。綺麗な丸いパールもとても素敵ですが、おしゃれな大人の女性には、ぜひこういった珍しいパールも楽しんでいただけたらと思っています。

 Feather pearl, like a wing of an angel. Timeless pure beauty.

CATEGORY : JEWELRY

ルビーのピアス

April 16, 2009

 「お綺麗な方よ・・」と、評判のご姉妹が、このルビーのピアスをはじめ何点かご注文してくださったお二人。どれがいいかしらと相談されている様子が、いくつになっても友達のようで、姉妹っていいなぁと思いました。
 お姉さまは遠方にお住まいなので、残念ながら、メールでのやり取りだけで、お目にかかったことがないのですが、妹様は、時によって、ブランドのお洋服をさらっと着こなしていらしたり、漆が細工されている、とても個性的なバッグを持ってらしたり、いつも型にはまらない幅広いお洒落をされているセンスのいい方。 お洒落な人とお会いすると、「どこでお買い物をされているのかしら?どこでこんな素敵なものを見つけてこられるのかしら?」とつい気になってしまいますが、気負わない自然なお人柄に、お話していても、ホッとなごむことの多いお打ち合わせでした。
 デザインのご希望は、最初は、ゴージャス、オーソドックスな感じということでしたが、いくつかデザインを描く中で、このようなモダンなものに決定しました。 作りは、縦が5cmほどの長さで、つなぎ目の部分を中心に2本のラインと、一番下のルビーが揺れるようになっています。まっすぐな2本のラインが、微妙に揺れることで、ルビーが星のようにきらきらして、カジュアルにもシックにも・・・、彼女の幅広い装いにうまく寄り添ってくれたらいいなと思っています

CATEGORY : JEWELRY

order jewelry を2点追加しました

April 14, 2009

ホームページにorder jewelryを2点追加しました。
sperare 願い:リング

Kassie:帯留 ブローチ

CATEGORY : JEWELRY 誕生石

4月はダイヤモンド

April 13, 2009

 4月に入り、京都は桜が満開です。近所に鴨川があるのですが、その鴨川沿いの桜が本当に美しくて、通りがかったときに、眺めているだけで朝からとても気分がよくなります。
 そして、宝石の世界では、4月といえばダイヤモンド。4月の誕生石です。最初に持つ高価なジュエリーといえば、日本ではまだまだ婚約指輪で、という方が多いと思いますが、その中でも、ダイヤモンドはやっぱり、一番人気のある石ですね。
ダイヤモンドという名前は、「不屈」を意味するギリシャ語 “adamas” から由来しているそう。1477年、オーストリアのマクシミリアンI 世がブルグンディ公の娘メアリにダイヤモンドの指輪を送って以来、この石のエンゲージリングは愛と忠誠を約束する印となっているそうです。なんといっても、硬度10という硬さ。硬度9のルビーやサファイヤと比べても、実際のその差は7倍とも10倍ともいわれる硬い石ですから、誰にも傷つけられない永遠の愛を象徴するにはぴったりの石ですね。
 歴史に名を残すダイヤモンドは数多くありますが、“ホープ”“オルロフ”“コ・イ・ヌール”・・・等々・・ご存知の名前はあるでしょうか?
  写真のダイヤモンドは、何年か前にデザインしたもので、結婚10周年の記念にということでオーダーをお受けしました。5ctアップのハートシェイプのダイヤモンド。ご主人様の愛の大きさ!を感じますね。そして、どこから見てもダイヤに埋め尽くされたデザイン。身につけられるたびに、幸福な結婚をしみじみとお感じになるのではないかと思います。
今年はオリジナルでもダイヤモンドの作品をたくさんつくっていきたいと思っています。

Over 5ct heart-shaped diamond with melee diamonds. Proof of happiness.

CATEGORY : JEWELRY

Tomorrow Necklace — order jewelry

March 28, 2009

……….
TITLE : Tomorrow Necklace
ITEM : Necklace
MATERIAL : K18WG Diamond South sea pearl
……….

 少し前のことになりますが、2006年、タヒチアンパールトロフィーのイヤリング部門で、国内一位、そしてその国際大会で三位に入賞したイヤリング作品があります。こちらからご覧になれる「Tomorrow」というタイトルのイヤリングです。

 この作品をとても気にいってくださった昔からの友達が、彼女の○○(笑)の記念に、「このデザインでネックレスをつくってほしい」というオーダーをしてくれました。この作品は、授賞式がミラノであったり、また、たくさんの人との出会いのきっかけをくれた、私にとっても、とても思い出深いイヤリングでしたので、とても嬉しく思いました。

 「両極にあるものが出会って、新しいものが生まれる」という、コンテストテーマに従ってデザインしましたので、グラディエーションで、ブラックからホワイトに変わる中央のダイヤのフリンジの部分と、新しく生まれるイメージを表したパールの部分の位置関係が、デザインのポイントと、考えていましたので、身につけた時、真珠がぶらぶらしないよう、ダイヤとの位置関係がずれないよう、また、ネック部分が、どこまで首に沿うか…など、シンプルな形ではありますが、制作するのにたくさんの苦労がありました。でも、出来上がって、このネックレスをオーダーしてくださった方に目の前でつけていただいたとき、まわりにいたほかの人たちもどよめくほど(笑)、本当にぴったりで、とても似合っていらしゃいました。彼女も大層気にいってくれたようでしたが、私も、ちょっと大げさですが、感動してしまいました。

 ずっと愛用してくださるといいなと思います。

CATEGORY : JEWELRY

Baby Ring T Y — baby ring

March 27, 2009

baby-ring-t-y.jpgbaby-ring-t-y.jpgbaby-ring-t-y.jpg
……….
TITLE : Baby Ring T Y
ITEM : Baby Ring / Pendant
MATERIAL : K18WG Diamond Citrine
DESIGN STORY :

 ベビーリングをつくりました。第二子となるご長女がお生まれになった記念に、第一子のお兄ちゃんの分もあわせてつくってほしいというご依頼で、それぞれのイニシャル「T」「Y」をモチーフにしてつくりました。素材は、ホワイトゴールド、そして、アルファベット部分にダイヤを埋め込み、また、文字のちょうど裏側には、それぞれの誕生石であるダイヤモンドとシトリンを埋め込んでデザインしました。
 太めのチェーンと華奢なチェーン2種をお求めいただきましたので、太めのチェーンをつかってスポーティに、華奢なチェーンでは、ちょっとシックな装いの時など、同じトップでもずいぶんイメージが変わり、シチュエーションごとに楽しんでいただけるようになったと思います。
  ご両親のありったけの愛情をうまく形にできるように、お子様たちの健やかな成長をお祈りしながら作りました。「誕生石を身につけることは、その人にとってのお守りになる」ということですので、お子様たちが大きくなったときには、ご両親から受け継いで、大事に身につけていただけるといいなと思います。
 お子様たちが大きくなられて、このリングをつけている姿にお会いできるのを楽しみにしています。

CATEGORY : JEWELRY

帯留 Brooch — order jewelry

March 26, 2009

……….
TITLE : Kassie
ITEM : 帯留 Brooch
MATERIAL:K18WG Diamond Opal Amehtyst
DESIGN STORY : カラフルなカボッションカットの石 和で地味になりがちな帯留をモダンにアレンジしてみました ブローチとしてつけて頂く時も無理に和のテイストが入っていないので いろいろなファッションに楽しんで着けていただけるのではと思っています
……….
 今回ご依頼いただいた方は、たまに会うたびに、フラメンコだったり、パソコンだったり、常に何か新しいことにチャレンジしていらしゃる楽しい方。持っていらしたいくつかの石を利用して、帯留をつくらせていただきました。
 何点かデザインを考え、お見せしたところ、このデザインに即決されました。“いかにも帯留”というものでなく、すっきりとモダンにまとめ、女らしくさわやかなイメージで仕上げました。それぞれの、石が、独立してきれいに見えてほしいこと、帯締めの紐とバランスよく着けられること、帯留として使う時の金具が、ブローチとして使う時に見えないこと、など、ジュエリーとして当然の配慮ですが、シンプルなデザインだけに、工夫のいったところでもあります。
 白地の帯に合わせられたら、とても映えたそうで、他にもいろいろな帯や着物で楽しんでくださっているそうです。 また、これを、洋服につけて街を歩いておられたところ、突然、見知らぬ方から「それ、素敵ねえ」と声をかけられそうで、「オーダーってこういうことなのね!」と、ずいぶん喜んでいただきました。
 この話を彼女から聞いたときは、私もとてもうれしくて、今後も、たくさんの人の目に触れて、たくさんの人に「素敵」と思ってもらえるジュエリーを作っていきたいと思いました。

CATEGORY : JEWELRY

sperare 願い — order jewelry Nさんのオーダーリング

March 22, 2009

……….
TITLE : sperare 願い
ITEM : Ring
MATERIAL:Pt900 Diamond etc
……….
 京都に住んでいると、西宮から三宮にかけての六甲の南側は、どこも海に面した山の手の素敵な所。山に囲まれた京都と違って開かれた明るい街、華やかでゴージャスの女性の多い街として、何かとうるさいと言われる京都の人からも、一目置かれている土地柄と言う気がします。
 そんな街にお住まいの方でとてもチャーミングな女性が、Nさんです。
 知的で堅実な方なのに思い浮かべるのは天真爛漫な笑顔ばかり。茶道をされているので、話も合って、お目にかかるのがいつも楽しみなかたです。お子さんのことやご家族のことをいつも大切に考えてられて、その考え方、そして、大変なキャリアウーマンでいらしたことも含めて、憧れの女性の一人です。
 その彼女からオーダーをいただきました。
 いつも、オーダーをお受けしたら、お客様のご希望をうかがった上、その方のイメージを頭にデザインを考えます。彼女とはお互いの悩みを打ち明けあう(笑)仲でもあるのですが、彼女のまっすぐな人柄を心に描きながらの作業は、ジュエリーが身につけるものだけにより親密な感覚を覚えました。上下左右どちらから見てもラインが途切れることなく、チャーミングにもエレガントにも感じられるリングにデザインしました。
 Nさんは、とても喜んでくださって、私たちの息子の卒業式にそのリングをデビューさせてくれました。これからも、息子ともども、いつまでも仲良くして欲しいと思う友人のお一人です。

CATEGORY : JEWELRY

春・・・brezza –original jewelry

January 31, 2009

……….
TITLE : 春・・・brezza
ITEM : Ring
MATERIAL:K18YG Rose Quartz Diamond
DESIGN STORY : Rose quarts の色は、桜の花びらとも似て、春の訪れを感じさせます
柔らかなカボッションカットのリングに新しい時への想いを込めて
……….

Color of rose quarts resembles petals of cherry blossoms. Excitement for long-awaited spring.

CATEGORY : JEWELRY

お天気モチーフのジュエリー

January 26, 2009

これは、晴れ・雨・海に沈む夕日をモチーフにしたピアスです。具体的なモチーフがわかるデザインは私の作品には珍しいものですが、かなり楽しんで作ってしまいました。雲部分のカーブひとつ、また、ぶら下げるダイヤの少しの位置の違いなどで本当に印象が変わるので、製作の作業はとても楽しかったです。いつもジュエリーの製作は職人さんと共にいろいろ話し合いながら作り上げていくのですが、自分で手を動かして作る楽しさは、紙面上でのデザインだけでは味わえない面白さです。
この作品は少し前につくったものなのですが、先日、これを少し小さめにしたデザインでピアスがほしい!とのオーダーが入り、今、またつくっています。定番なものではなく、こういうデザインに興味を持っていただけるのは、遊び心でジュエリーを楽しもうと思っていただけているようで本当に嬉しいです。
この作品たちは、ピンブローチとしても使えます。今ふと思いついたのですが、男性の方が、シックなスーツにピンバッジとして、さらりと着けられるのも、チャーミングで素敵ですね。天気にあわせて、付け替えたりして。朝と夜で天気が違ったら、ちょっと困るのかな(笑)?!

CATEGORY : JEWELRY

ARIA — original jewelry

December 15, 2008

……….
TITLE : ARIA
ITEM : Brooch / Pendant
MATERIAL:K18WG FeahterPearl Diamond
DESIGN STORY : 天使の羽のようなフェザーパール。
年月を経ても色あせることのない清らかな美しさをジュエリーにとどめたい
……….

SEARCH

ARCHIVES